links
-登録順-

日光野鳥研究会
 私が顧問を行っている栃木県日光市地元密着型の自然観察グループのサイト。Singingのコーナーには、私が日光で録音した野鳥の声などもアップされています。

Nikko Today
 こけっここさんの日光の自然情報のサイト。Soundsには、こけっここさんが録音した日光の野鳥をはじめ、シカなどの生きものたちの声がたくさん公開されています。

BIRDER
 日本唯一のバードウォッチングマガジン。2003年5月号の特集「バードリスニング入門」は、野鳥録音について、深く広く、かつ最新の情報が満載されています。野鳥録音に志すファン必読の書。

フジプランニング
 現在、唯一入可能なパラボラ型の集音器の輸入元です。このパラボラは、透明でフレキシブルな素材のため、丸めて持ち運びができるというすぐれものです。マイクとセットで販売されています。

(財)日本野鳥の会
 日本最大の野鳥保護団体のサイト、活動の紹介など情報が満載。拙音源のハシブトガラスとハシボソガラスの声が「都市におけるカラス問題」のコーナーにアップされています。

ものがたり通信
 円周率から山の話まで幅広い話題を公開しているSさんのサイト。なかでも「聞きなし」の蒐集は、おそらくこれが日本一。出典も丁寧に列記されているので、日本人の耳の感性と鳥への思いをかいま見ることができます。

Bird Songs International's internet shop
 Sjoerd Mayerさんが運営する鳥の声のCD,カセットテープなどを、ネット通販しているサイト。私はネパールのテープ、東南アジアの鳥のCD-ROMなど、国内でまず流通していないアイテムを入手することができました。

イヨヒヨドリづくし イソヒヨドリづくし
 鰺刺鼻歩さんのイソヒヨドリ専門のサイト。1種類に鳥にこだわる見えてくる世界が広がります。また、イソヒヨドリの鳴き声について、これだけ詳しい記述は、はじめてなので、リンクさせていただきました。

ことりのさえずり
 Pikaさんの小鳥の声がたくさん聞くことができるサイト。録音機材は、MDがSONY MZ-R50、マイクがSONY ECM-999。公開されている音源はmp3。野鳥録音の楽しさが伝わってくるサイトです。

花鳥茶屋
 kochanさんの野鳥の声と写真、そしてサイト制作用の素材集、鳥の声の着メロまである盛りだくさんなサイトです。収録は、ビデオカメラ(ハンディカム)を使用とか。こういう録り方もあるのですね。

小鳥のさえずるホームページ
 大阪の豊能町を中心に活動しているIさんのサイト。MP3レコーダー(AIWA MM-FX500)で収録した音源多数を公開。これまた多数の生態写真といっしょに野鳥の声が楽しめる構成になっています。

Bird Listening Cafe
 Sさんの野鳥の声を楽しめるサイト。おもに、岐阜県で取材された音源を公開。イカルなどはいつも聞いてるものとだいぶ印象が異なります。地方による声の違いと比較のためにも来訪をお勧めします。

オシドリのヒナの里 二戸
 土井中侭さんが運営する岩手県二戸市の馬淵川沿いで繁殖しているオシドリたちの観察記録。オシドリ語辞典では、今までの観察からオシドリの言葉の一部を公開しています。一部、音源も聞くことができます。

MO's展示館
 Oさんの動画から音、野鳥から両生類、魚類まであつかっているサイト。録音は、デジタルビデオで撮影しながらソニーのECM-672のマイクを使用して収録とのこと。ちょっと聞けない種類をお楽しみください。

立田山の野鳥の声
 Mさんの熊本県立田山の野鳥たちの声にこだわったサイト。レコーダーはTCD-D100、マイクはECM-S959C。 野鳥のほか立田山の虫の声、台湾探鳥旅行で収録した台湾の野鳥の声もアップされています。

Bird Research
 人間と自然が共存できる社会を構築するためには、科学的な調査研究が必要。そのために研究者が集まって作った組織です。カワウからツルまで、幅広い活動をしています。拙音源もお役に立っております。

CEC株式会社
 アンプ、スピーカー、CDプレイヤーなど数多くの名機を生み出してきたハイエンドオーディオメーカー。社長の石渡さんはバードウォッチャー。TOP→Profile→社長室には、野鳥のエッセイが連載されています。

Kenharuの部屋
 デジスコからエッセイ、バードウォッチング用車の手作り、そして野鳥録音まで盛りだくさんなサイトです。録音は、フリーの音声編集ソフト”Audacity”を使用してmp3に変換する方法を紹介しています。

サウンドレコーディング
 Nさんのトカラ列島の中之島、平島の珍しい野鳥たちの声と写真を紹介したサイト。ムシクイ類の詳細な記録が凄い。すべて英文で書かれ、海外に日本の野鳥の魅力を伝えようとする意気込みを感じる内容です。

 バードウォッチング・ツアーの専門旅行会社。年間100件を越える旅行を実地。いちばん良い時にいちばん良いところに行けます。うまく利用すれば録音も可能です。